MENU

腰痛・ヘルニア整体|無痛整体・無痛産後骨盤矯正なら秋美整体[東京・葛飾]

インターネット完全予約制

  • 小顔ご予約フォーム
  • 無料メール相談
HOME > 施術例 > 腰痛・ヘルニア整体

腰痛・ヘルニア整体

腰痛は、人間が直立したときからの宿命といわれています。

人間は重い上半身を支え、身体を垂直に保つには、

腰に大きな負担が掛かります。

秋美整体は腰痛解消にも力を入れております。 

腰痛のしくみ

腰痛は、人間が直立したときからの宿命といわれております。

人間は重い上半身を支え、身体を垂直に保つには、腰に大きな負担が掛かります。

腰痛になりやすい条件として、老化だけではなく、長時間立ちっぱなし座りぱなしの同じ姿勢でいる方や、中腰で重い物を持ち上げたりする方、過度な運動をしたことや、顔を洗う時に少し前屈みになっただけでもギックリ腰になったりもします。

妊婦さんでもお腹の重心が前の方に移るので、背骨の関節の圧力が不均等になることで、背中の痛みや腰の痛みがでてきます。

背骨以外の原因の腰痛も忘れてはいけません。

腎臓結石、尿路結石、大動脈瘤、胃腸、肝臓、婦人病などの内臓の病気から腰が痛くなることもあります。

そして、近年多いのが心因性、いわゆる、不定愁訴型の腰痛です。

心をマイナスに悲観的にすることも腰にとってはよくないことなのです。

椎骨と軟骨

椎骨の間には、「椎間板」というクッションの役割をするゼリー状の軟骨があります。椎骨と椎骨がぶつからないように、クッションの様な役目があります。 この椎間板があることで、我々は身体を前後左右にくねらせる動作が楽にできるのです。

そして、近年多いのが心因性、いわゆる、不定愁訴型の腰痛です。

心をマイナスに悲観的にすることも腰にとってはよくないことなのです。

 

 

この胸椎や腰椎の脊椎に歪みや異常を起こす事で椎間板にかかる圧力が崩れ、軟骨の中にある「髄核」が突起して神経系統に異常がおこり 血液循環も悪くなり、その状態が悪化することで「椎間板ヘルニア」という腰の病気へつながるのです。

痛みは逃げる

腰の痛みというのは、上から下へと移動し神経にそって分散します。腰の部分から痛みだし時が経つにつれてお尻や腿にかけて痛みや痺れを伴い、酷くなると足の指まで痺れた状態になってしまいます。

仰向けで寝て膝を伸ばしたまま脚を上げる事も困難になってしまったら要注意です。

腰痛と姿勢

 

歳を重ねることで背骨が弱くなって背中が丸くなってきます。猫背(円背まるせ)と呼ばれる現象になります。 猫背になると内臓を下垂させてしまい内蔵機能が低下、椎骨の間にある椎間板にストレスが溜まることで腰に負担がかかり腰痛になることもあります。 猫背は加齢と共に自然となってしまうのが当たり前でしたが、現代人を見ると状況が大きく変化してきたのが感じとれます。

老化による猫背現象が近頃では、若い世代の方にも姿勢の悪い方が多くなってきました。これは運動不足や体力の低下が挙げられます。

適度な腹筋や背筋をつける事も、正しい姿勢と腰痛の予防には必要不可欠です。

運動量が減ると血行不良となり疲労物質がたまることでコリや疲労がでてくることで、腰だけではなく膝などの各関節を痛めることもあります。

歩くことや適度なストレッチを行うことで、関節や腰の軟骨と筋肉を強化することも大切です。

自分で出来る対処法

ギックリ腰など急性の痛みの時は、患部を冷シップを貼って冷やすといいです。安静が一番、横になるときは仰向けやうつ伏せは腰に負担がかかります。

横向きで膝を曲げて丸くなって寝る、仰向けの場合は膝下に枕などを入れて膝をたてる寝方が良いです。

起き上がる時も腹筋の運動のように起き上がると腰に負担がかかります。状態を横向きにして手を床につけて腕を使って起き上がるようにする動作が腰に優しいです。

腰痛にならないために

第一に腰に負担を掛けすぎないこと。無理に重いものを持ったり、慣れない中腰での動作は気をつけてください。
第二に肥満にならないこと。太りすぎは腰に負担がかかります。食事管理も注意してください。
第三に適度な運動を心がけること。適度な運動やストレッチも大切です。足腰強化の為に歩くことも必要です。

 

 

施術例 TOPへ戻る

産後の骨盤矯正、身体の歪み、猫背、肩こり、首痛、顔の強張り、偏頭痛など、お身体でお悩みの事、施術方法等、院長に直接ご相談ください。これまでに20,000例以上の施術を行った経験豊富な院長がていねいにご説明いたします。また、施術可能か不可能かも的確にお答えできる様に心がけております。悩んでいる箇所、気になる箇所を遠慮なく、お話して下さい。可能な範囲で、最善を尽くします。カウンセリング終了後に施術を受ける事も可能です。

  • 骨盤ご予約フォーム
  • 無料メール相談

院長

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る