MENU

自律神経調整|無痛整体・無痛産後骨盤矯正なら秋美整体[東京・葛飾]

インターネット完全予約制

  • 小顔ご予約フォーム
  • 無料メール相談
HOME > 施術例 > 自律神経調整

自律神経調整

自律神経失調症や不定愁訴、首痛など、

原因がハッキリしないがなんとなく体調が悪い、

疲れやすいなどの症状を持つ方も相談してください。

 

 

自律神経とは、本人の意思と関係なく、生命維持に不可欠な機能を維持し、コントロールしている神経のことです。たとえば、心臓は本人の意思とかかわりなく、休みなしに動いています。また、胃や腸を動かして消化活動を行うときも、私たちは自分の意思でその動きをコントロールしてるわけではありません。これらはみな、自律神経の働きです。

自律神経には、交感神経と副交感神経という二つの系統があります。

交感神経は、原則として日中に活発化しますが、興奮したり、緊張したときに優勢になります。緊張すると血圧が上昇し、脈拍が早まるなど、心肺機能の働きが活発化する一方、胃腸などの消化器官の働きは抑制されます。

副交感神経は、夕方から夜にかけて活発化し、心身ともにリラックスしているときに優位になります。

リラックスすると消化液の分泌が促進されて、血圧が下がり、心拍、呼吸がゆっくりと穏やかになります。睡眠に誘導するのも副交感神経の働きです。

交感神経と副交感神経のバランスが取れていれば、免疫システムが機能し、病気になりにくくなります。

 

薬を使わなくとも自律神経のバランスを取り戻せば病気や痛みは治る傾向があります。

首の骨、背骨、骨盤を整えることで、自律神経のバランスは整います。

 

現代人は、食人の変化や過度なストレス、運動不足などで自律神経が乱れています。

 

自律神経が乱れると、腸に影響がでてきます。腸は、腸全体に備わっている「腸神経」と、交感神経・副交感神経からなる「自律神経が」の二つによって働いています。強いストレスがかかると、腸神経は知覚過敏を起こし、便を押し出す蠕動運動が過敏になりすぎて、下痢になります。また、自律神経では、体を緊張状態にすると交感神経が優位になります。腸をリラックスさせるスムーズな排便をうながすのは副交感神経が優位になると腸の働きは鈍くなり便秘につながります。強いストレスでバランスが崩れると、腸の動きに悪影響が出てきます。腸に影響がでると体の免疫力が低下します。低下するとことで病気になりやすくなったり、腰痛や首痛片頭痛片頭痛や倦怠感などといった症状が出てきます。

 

自律神経失調症の症状

頭痛、頭重感
耳鳴り、耳の閉塞感
口の乾き、口中の痛み、味覚異常
疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き
のど のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどがつまる
心臓・血管系 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
呼吸器 息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ
消化器 食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる
手のしびれ、手の痛み、手の冷え
足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく
皮膚 多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ
泌尿器 頻尿、尿が出にくい、残尿管
生殖器 インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
筋肉・関節 肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない
全身症状

倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい

精神症状 不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

※施術結果には個人差があります

 

 

施術例 TOPへ戻る

産後の骨盤矯正、身体の歪み、猫背、肩こり、首痛、顔の強張り、偏頭痛など、お身体でお悩みの事、施術方法等、院長に直接ご相談ください。これまでに20,000例以上の施術を行った経験豊富な院長がていねいにご説明いたします。また、施術可能か不可能かも的確にお答えできる様に心がけております。悩んでいる箇所、気になる箇所を遠慮なく、お話して下さい。可能な範囲で、最善を尽くします。カウンセリング終了後に施術を受ける事も可能です。

  • 骨盤ご予約フォーム
  • 無料メール相談

院長

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る